レーザー治療
レーザー治療

最小の刺激で最大の効果を

トムソンベッドは、骨盤や背骨の歪みが原因となる痛みへの対処法として使用されます。
トムソンベッドは、患者さまの体重を利用することで、不必要な力が加えられることなく、肩や首や腰などへの施術を可能とする機器です。
当院のトムソンベッドを利用したプログラムは比較的身体への負担を少なく、全身の歪みを改善を図ります。

 

トムソンベッドってなに?

トムソンベッド

カイロプラクティックの技のひとつであるトムソンテクニックによって施術をする際に使用される専用のアイテムです。

(トムソンテーブルと呼ばれることもあります)

 

通常の治療用ベッドとは異なり、頭部と胸部、腰部と骨盤部ごとに足置台が独立した状態で設置されているのが特徴です。

特に、首・骨盤部分に関しては単独で角度等を調整できるようになっている為、より繊細な施術が可能となっています。

基本的には、レバーを操作して、一度上にリフトアップさせてから、骨盤や首などの施術したい箇所を手で軽く圧力をかけます。

すると、慣性の法則が働き、ガシャンと音をたてながら、ほんの少しだけドロップ部が下に落ち(1~2cm)、その部分の施術が完了します。

 

落下していく力を利用した施術法ということから、患者さまにとっても施術者にとっても、体力面の負担が少ない状態で施術を行えるというメリットがあります。

 

トムソンベッドの歴史(クリックで展開)

トムソンベッドの名前の由来となっている、J・クレイ・トムソンは、トムソンテクニックを最初に作り上げた人として後世に名を残しています。

J・クレイ・トムソンは、太平洋戦争の時期にロックアイランドの兵器工場に勤務し、この時に学習した機械や金属の知識が、後のトムソンベッドの開発に大きく役立ちました。

 

1950年代の半ばに脊椎全体を調整する新たな施術法のため、骨盤部や胸部や腰部のドロップ部を追加したことで、現在の形に近づきました。

その後ワシントンDCへ弁護士とともに特許申請に向かいますが、一回で認められることはなく、何度も何度も申請は却下され続けました。

そのため、弁護士とともに上訴委員会へ召集されることになったのですが、その甲斐もあり、召集から3週間後に特許上訴委員会より、世界で初めてのドロップ式のカイロプラクティックテーブルとして、トムソンベッドの特許が認められました。

 

その後もより良い施術のために、適切な変更や効果的な改良がなされ、様々なオプションを加えながら現在もなお、トムソンベッドは進化し続けています。

トムソンベッドの流れ
STEP.1
自分の背丈にベッドを合わせる自分の背丈にベッドを合わせる
STEP.2
問題がある場所に対応するレバーを施術者が上げる問題がある場所に対応するレバーを施術者が上げる
STEP.3
慣性の法則に従ってあげたベッドを落とす慣性の法則に従ってあげたベッドを落とす
STEP.4
調整完了

トムソンベッドの効果および効能

トムソンベッドは、骨盤や背骨の歪みが原因となる痛みへの対処法として使用されます。

トムソンベッドによる施術をすることで、次のような効果や効能が期待できます。

Number1 アイコン良い姿勢になる
レーザー治療機器イメージ2

例えば背中が丸まった姿勢の猫背や、反対に背中が反りすぎている反り腰は、悪い姿勢の代表的なものです。

骨盤や背骨の歪みが解消され、良い姿勢になることで、肩こりや首のこりや腰痛などが起きにくくなる傾向があります。

 

《姿勢の確認方法》

壁に背を向けて立ち、後頭部と肩甲骨、お尻、そして「かかと」が壁につくようにして下さい。

 

◎良い姿勢

  ・背中と壁の間に、手のひらが収まる程度しか隙間が空いていない

  ・耳からくるぶしまでが真っ直ぐになっていることが確認できる

 ×悪い姿勢

  ・背中と壁の間に握りこぶしが入るほど広がっている

  ・後頭部を壁につけることができない場合は、猫背などの悪い姿勢の可能性があります。

Number1 アイコン「見た目」が良くなる
レーザー治療機器イメージ2

良い姿勢になることによるメリットには、まずは「見た目」があります。

「人は見た目が9割」という言葉もあるように、見た目の印象はかなり大きなものとなります。  

 

例えば、姿勢が良いというだけで、「健康的で元気がある」「ポジティブ」「やる気に満ちている」「物事をきちんと最後までやり遂げる」「リーダーシップがある」ようなイメージになりやすいようです。

 

反対に姿勢が悪い場合には、「覇気がない」「ネガティブ」「人生がつまらなそう」などのマイナスの印象を抱かれやすいようです。

Number1 アイコン精神的に安定しやすくなる

精神面の問題は、必ずしも姿勢だけで解決するという訳ではありませんが、良い姿勢を保てることで、深い呼吸がしやすくなります。

緊張時にありがちな浅い呼吸は、脳に酸素が行き渡りにくくなることから、良いアイディアや打開策が浮かばずに、パニック状態に陥りやすくなるようです。

 

深い呼吸がしやすくなることは、上記のような状態への予防の一つとなります。

ページトップへ