施術内容|たま整骨院(多摩本院・八王子院・横浜院)

多摩本院TEL:042-319-6651
八王子院TEL:042-673-3053
横浜院TEL:045-482-5431

施術内容

保険適用メニュー

骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷の保険診療

約200円~500円程度になります。 ※初診時には別途料金がかかります

※健康保険の適用につきましては「外傷性の負傷」、「受傷理由のはっきりした場合」にご利用頂けます。

※腰痛・肩痛・膝痛・各関節痛・頚部痛・スポーツ外傷・手足のしびれ・ギックリ腰など。これらの痛みや障害でも健康保険を利用できる場合がございますので、詳しくは当院にお尋ね下さい。

※当院では、学生証を提示頂くと「学割」が適用されます。お気軽にご相談下さい。

※同一部位(同じ負傷箇所)につきましては、医療機関(医師)と接骨院(柔道整復師)の両方で"同時"に施術は受けられない事があります。

『以前、他の医療機関で施術を受けていた』、『今、他の医療機関を受診している』 などございましたら、どうぞご相談下さい。

※『負傷年月日が不明である』、『リラクゼーション代わりに受療する』 などの場合、健康保険が適用されない場合がありますのでご注意下さい。

※当院で対応できない場合は、専門の病院をご紹介します

 

自費診療メニュー(保険外診療、自費治療)

全身骨格調整コース    1,500円

関節にアプローチして動きをつけ、姿勢の改善を目的にした治療です。

身体の全体のバランスを取ってほしい、または一般診療で調整した場所以外も調整してほしい等、猫背、O脚X脚や姿勢の調整をしたい方へお勧め の調整メインコースです。

延長治療コース    1,600円/3,000円

保険治療を受けたが更にほぐしてほしい、他の場所もほぐしてほしい、筋肉がかなり硬くなっていて疲労や痛みがなかなか改善しない等、またなかなか来院できない方にお勧めの延長ほぐしコースです。

内臓反射治療コース    800~1000円

治療してもなかなか身体がよくならない・いつも身体がだるい・疲れ易くなかなか疲れが抜けない・お腹の調子が優れない等の症状をお持ちの方にお勧めのコースです。

このような方の中には、内臓の機能を改善させる為の筋肉に対する反射治療でよくなる方が沢山います。更に内臓の疲れは骨格の歪みに関係します。是非検査してみてください。

※内臓の反射は、検査を行い反応がでないかぎり治療はしません。検査のみは無料になります。

頭蓋骨調整コース    3,000円

首から下の骨の歪みを放置したり様々なストレスから頭蓋骨が微妙にズレ、頭痛、耳鳴り、怠惰感、顎関節症、各関節痛などが生じます。 当院は高等テクニックである「頭蓋骨治療」を施せる数少ない治療院です。

調整後は、「脳機能向上」により症状が改善します。是非ご相談下さい。

※頭蓋骨調整は、検査を行い反応が出た患者様へ治療を行います。検査のみは無料になります。

レーザー治療   1,000円

筋肉の硬さが強い方、関節痛、神経痛などがある方にお勧めです。

あたたかい赤い光(近赤外線)をあてることで血行を良くし、症状の改善を目指します。また、神経に直接作用し、ストレスなどで緊張している神経のバランスを整える効果もあります。

腸アロマ  2,000円

消化器系の機能が低下している方、腸内ガスや便秘、下痢など、胃腸の働きが鈍くなっている方にお勧めです。

アロマオイルを使用したマッサージで、胃腸周りを中心とした血液循環を促し、消化器系のバランスを整えます。

また、関係する自律神経のバランスも整えていきます。

※妊娠中・生理中の方。その他、既往歴、服薬の状況によっては当メニューを行なえない場合があります

足つぼ狸楽  1,000~5,000円

内臓の機能が低下している方、疲れが溜まっている方に、大変効果があります。

臓や筋肉に関係した沢山のつぼがある足裏からふくらはぎにかけてクリームを使用したつぼマッサージと、脚全体を空圧で刺激することで血液の循環をよくします。

施術の手順

1.足湯(約10分)

 施術の前に足を温める事で施術の効果を高めます

2.施術(約20分)

 足裏~ふくらはぎにかけてつぼマッサージを行います

 (つぼマッサージの強さは「気持ちのいい強さ」で行っていきます)

3.空圧(約10分)

 機械を使い、空気の圧力でゆっくり足全体を圧してマッサージしていきます

※なお、上記手順を「施術のみ」、「空圧のみ」「足湯のみ」に分割したコースもご用意しています。

※施術のみのコースは「足裏~足首まで」、「足裏~ふくらはぎまで」の2コースになります。

TAMAトレ(筋肉トレーニング)  3,000円

運動器の機能を向上させ、日常生活の痛みや姿勢の改善を目的としたトレーニングです。

人体の勉強を続けているスペシャリストが、それぞれの目標に合わせて当整骨院独自のパーソナルトレーニングをマンツーマンで行います。

※ただし、運動を含む日常生活を制限されている方や既往歴により、当メニューを行なえない場合があります

空圧   1,000円

スポーツをされてる方や、お仕事でよく足を使う方にお勧めです。
空気圧によるマッサージ効果によって、足全体の血液やリンパ液の循環を促進します。
筋肉の疲れやコリをほぐしたり、神経や筋肉の痛みを和らげるのに効果があります。

足底板療法コース    3,000円

足底板療法を必要とする症状は、扁平足・外反母趾・開帳足・足首の捻じれなどです。足部変形は、放っておくと疲れ易く歩きにくくなったり、痛みで靴がはけなくなるほど進行する場合があります。更に、足の症状をそのままにしていますと、膝・腰・股関節・背中の痛みに発展する事もあります。

そうなる前に進行を抑制し、より快適な足の形状を保持する為に足底板を作成することは、これらの疾患による障害を予防する重要な治療方法の一つです。足の症状を早く良くする事で、歩行もスムーズになり、疲れにくくなります。長年足で悩んでいる御高齢の方やスポーツ選手にとっても、必要不可欠な療法です。計測した足形を一緒に見ながら分かりやすく説明致しますので、お気軽にスタッフまでご相談下さい。

自由診療メニューは単品の他、メニュー同士のセットや保険診療と重ねてのご利用も可能です。

受付前にメニューを掲示しておりますので、ご不明な点はスタッフまでお尋ねください。

例1) 延長治療1,500円+全身骨格調整

例2) 保険内診療+延長治療3,000円+全身骨格調整

※自由診療メニューは混雑時、お待ち頂く場合がございます。あらかじめご了承下さい。

※内臓反射治療・頭蓋骨調整は検査をして問題がないようでしたら治療は致しません。お気軽にスタッフまでご相談下さい。

 

たま整骨院の治療

RICE法

ケガをしてしまった時の応急手当の基本としてRICE法というものがあります。

① REST (安静)

 ケガをしてしまった時には患部を動かさないようにすることが重要です。ケガをしてしまったのにそのまま動き続けていると更にケガを悪化させることになってしまいます。

② ICING (アイシング)

 ケガをしたところを冷やすことで患部の炎症の拡がりを抑えることができます。氷を袋に入れたものや市販のアイスパックなどを使って10分~15分を目安に冷やしてください。冷やしすぎると凍傷などの恐れもありますのでしっかり時間を計って行ってください。

③ COMPRESSTION (圧迫)

 患部を適度に圧迫することによっても炎症の拡がりを抑えることができます。強すぎる圧迫は循環障害の原因になるのでしびれる様な感じがしたときは圧迫を緩めるようにしましょう。

④ ELEVATION (挙上)

 患部を心臓の位置より高くすることで患部への血液の流れを抑えて腫れや痛みを少なくすることができます。足などの場合は患部を高くして横になり、腕などの場合は三角巾などで吊るのが良いでしょう。

マニピュレーション

マニピュレーションとは、整体手技療法です。

“身体の中からほぐす”全身に廻らされている毛細血管の流れを整えるという観点から本質を深く追求し、その人に備わっている自然治癒力(本来の形)を促進させる事です。

骨格調整

当院では「独自の技術」により、幼児から高齢者の方まで「安全・快適・効果的」な骨格調整をモットーとして調整をおこなっています。

調整には、カイロプラクティックの技術(アクティベーター・呼吸調整法・S.O.T.・AKなど)を取り入れていますが、骨格調整はほぼ「無痛」です。場合によっては多少の痛みを伴う必要もありえますが、その際には必ず「ちょっと痛いかもしれないけどがんばって下さい」など、言葉をかけて行います。

ですから安心して治療を受けることができます。「整骨院」というと"バキバキ骨を鳴らして治す"イメージがあるかもしれませんが、当院では必要がありませんから、そうした施術は一切おこないません。

運動療法

運動療法とは、健康維持・増進における運動の効果が医学的に認識され、運動医学・スポーツ医学が研究されるようになって、生活習慣病(高血圧、高脂血症、心臓病、糖尿病)などに効果が期待されている治療法です。

当院では、ストレッチや筋力トレーニング等で、主に患者さんの症状に合わせた体操をアドバイスして実践で教えていきます。関節可動域をよくする・左右の筋肉のバランスをよくする・筋力をアップさせる為に、体幹トレーニング・チューブトレーニング・メディシンボールを使ったトレーニングなども行います。

更に、青少年期に適した競技目的ながらもケガを予防出来得る運動の習得や幼年期に適した安全な運動の習得を適切にアドバイスしています。

キネシオテープ・キネシオテーピング法

キネシオテーピング法は、自然療法のひとつです。

伸縮性のあるテープ(キネシオテープ)を痛いところや凝ったところなどに貼って、人間本来の自然治癒力を促進させ、障害を和らげたり治したりします。キネシオテープは、

①痛み・凝り・内出血の改善 

②腫れや内出血の軽減 

③痛みの緩和 

④リハビリ/機能回復効果

の4点が効果として期待できます。当院では、頭痛・肩こり・目の疲れ・寝違え・手首の痛み・腰痛・不眠症・肉離れ・捻挫・アキレス腱、ひざの痛み・骨折のリハビリ等の人間本来の自然治癒力促進として、利用しています。

※キネシオテープ;一定の伸縮性と、カラダにフィットする粘着性があります。このテープの伸縮率は筋肉(皮膚)のそれと同じ30~40%に設計されていますので、別名「人工筋肉テープ」とも呼ばれます。

キネシオテーピング法は、1980年の考案以来、相撲・サッカー・ラグビーなどの数多くの有名選手により採用されています。日本では日本女子バレーチームが採用(1988年~)、アメリカにおいてはメジャーリーグ7球団のスプリングキャンプでキネシオテーピング理論が認知(1997年)、その後シアトルマリナーズなどのメジャーリーグで使用され、2001年からは全米において医療保険が適用されるまでになっています。

骨折・捻挫・打撲・脱臼・肉離れ・靭帯損傷の痛み

骨折

特徴

骨が折れた状態。骨が少しでも傷ついた状態(ひびが入った時など)

当院での治療

急性期

 RICE法⇒アルフェンス固定。 整形外科へのレントゲンを勧めます。

慢性期

骨折治癒後の痛み

特徴

ギブスなどにより固定していた事による関節の拘縮・筋肉の痛み、リハビリが終わっても残る痛み・違和感、筋力低下

当院での治療

骨格調整レーザー治療マイクロ波治療器キネシオテープ運動療法

脱臼

特徴

関節が強い衝撃によってはずれてしまった状態。

当院での治療

急性期

RICE法⇒固定、

※手術を要するような症状の場合(骨にハリガネを通し固定させなければならないなど)は、整形外科をご紹介します。

慢性期

打撲

特徴

打ち身、体を何かにぶつけたり、何かがぶつかったりして起こります。

当院での治療

急性期

 RICE法⇒固定

慢性期

ねんざ

特徴

関節をひねったり、伸ばしすぎたり曲がりすぎたりして起こります。

当院での治療

急性期

 RICE法⇒固定

慢性期

肉離れ

特徴

筋肉が伸びすぎてしまい、切れてしまった状態。

当院での治療

急性期

 RICE法⇒固定

慢性期

靭帯損傷

特徴

交通事故やスポーツなどで前や後ろから強い衝撃を受け、痛みが起こる。内出血も多く不安定性を感じる。

当院での治療

急性期

 RICE法⇒固定

慢性期

腰痛

筋・筋膜性腰痛

特徴

一般病院では、ヘルニアや腰椎に異常が発見されない場合によく名づけられる疾患です。老若男女を問わず、長時間立ちっぱなし、座りっぱなしの方に多い腰痛です。

肥満やストレス、運動不足が腰痛の原因とも言われていますが、直接原因ではありません。

当院での治療

ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療、テーピング(キネシオテープ)、骨格調整高電位治療機器マイクロ波治療器運動療法マニピュレーション、コルセット

仙腸関節炎

特徴

仙腸関節の部分(左右のお尻の間。尾骨の上の骨)のみが、熱っぽかったり痛かったりします。ゴルフや野球などのスポーツ選手や重労働者の方で、仙腸関節部分だけが非常に痛いというケースが多いです。

スポーツだけでなく、スキーやスノーボードで尻もちをついた場合に起こる事もあります。

当院での治療

アイシングハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療、テーピング(キネシオテープ)、高電位治療機器骨格調整運動療法、コルセット、マニピュレーション

腰椎分離症・腰椎すべり症

特徴

中・高校生の時に激しいスポーツの経験があり、腰の骨の下部を押すと痛く、腰の上部が痛み、お尻の筋肉も痛むのが特徴です。

中年以降に発症するとも言われています。外見的に完全に治すには手術が必要です。

当院での治療

アイシングハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療、テーピング(キネシオテープ)、高電位治療機器骨格調整運動療法、コルセット、マニピュレーション

脊柱管狭窄症

特徴

50代以上の比較的男性に多くみられる疾患です。腰やお尻が痛く、脚の痛みやしびれがあり、歩行障害を伴います。

脚のしびれはずっとしびれているのではなく、歩くとしびれがひどくなり歩行障害を伴うが、しばらく休むとまた歩けるという症状です。

また、自転車は楽だというケースが多くみられます。

当院での治療

ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療、テーピング(キネシオテープ)、骨格調整高電位治療機器マニピュレーションマイクロ波治療器、ホットパック、運動療法、コルセット

腰椎椎間板ヘルニア

特徴

足腰の痛みやしびれなどが、神経根が圧迫されたり刺激されたりする事で起こる症状です。神経根の症状の為、神経が分布している領域である腰・太もも・脚の甲・親指・膝下外側などに痛みやしびれ、感覚異常や運動障害がおこります。

どの年齢の方でも起こりますが、特に20~50代のスポーツ選手など、腰に負担をかけている方に多くみられる疾患です。

当院での治療

ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療、テーピング(キネシオテープ)、骨格調整高電位治療機器マニピュレーション運動療法、コルセット

尾骨痛

特徴

長時間座っている若い女性に多く、尾てい骨(尾骨)の部分が痛みます。

過去に尾骨を尻もちをついて打撲した経験のある方や、もともと尾骨が曲がった猫のしっぽの様に変形している方に多くみられる疾患です。

尾骨付近は血流不良の為に治りにくい疾患でもあります。

当院での治療

ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療、テーピング(キネシオテープ)、骨格調整高電位治療機器マニピュレーション運動療法

産前・産後の腰痛

特徴

産前・産後の独特な腰痛です。

妊娠すると腹部が大きくなり、体重も増加し、更に靭帯を緩めるホルモンが分泌される為、身体を支える筋肉が疲労を蓄積させて腰痛が起こりやすくなります。妊婦さんは薬物療法と一部の治療機器が使えません。

また、出産後は骨盤が歪み、腰痛・肩こり・偏頭痛・生理不順・生理痛・不眠症・虚弱体質・冷え性・下半身のむくみ・下半身太り・大きなヒップなどになることがありますので注意が必要です。

当院での治療

 産前;ホットパック、骨格調整、テーピング(キネシオテープ)、マニピュレーション

不妊症

特徴

不妊症の80%は冷え性が原因というデーターがあります。女性は男性に比べ、血管が細く、そのため手足の病気が男性に比べて大変多いのです。骨盤内では、子宮は仙骨と恥骨の間にあり、靭帯でつながっています。冷え性の方は、その骨盤内の血流が悪くなり、子宮筋腫や不妊症になりやすいと考えられます。ただし当院で治療する場合は、産婦人科ではない為、あくまで不妊症治療の一環として考えて頂きたいと思います。

当院での治療

ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療高電位治療機器骨格調整運動療法マニピュレーション

腰椎圧迫骨折

特徴

転倒や事故で直接ぶつけなくても、腰の骨が潰れてしまい、腰の痛みをだす骨折です。また、更年期以降の女性は骨粗鬆症の方が多く、転倒や事故だけではなく、日常生活のちょっとした事(例えば、バスの座席に座っていてほんのわずか揺れたりする程度)で骨折する場合もあります。

当院での治療

急性期;アイシング、コルセット

骨がくっついた後;ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療高電位治療機器骨格調整テーピング(キネシオテープ)、マニピュレーション運動療法

脚の痛み

大腿ヘルニア・鼠径部ヘルニア

特徴

脚の付け根、下着の股ぐりのラインにしこりができ、圧迫する事で血流障害やしびれを伴う痛みが起こる疾患です。

男性の場合、多くは鼠径部が痛みます。

女性の場合は、多産で肥満型の方に多く見受けられ太ももの付け根に痛みが出ます。

当院での治療

保存療法、骨格調整マニピュレーション

変形性股関節症

特徴

中年以降の女性に多く、股関節の変形がおき、股関節が痛む疾患です。

特に赤ちゃんの頃に股関節脱臼を起こした経験のある方に多くみられます。変形性の股関節脱臼の症状が現れてしまうと足を引きずって歩くことになってしまいます。

当院での治療

ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療、テーピング(キネシオテープ)、骨格調整高電位治療機器マイクロ波治療器運動療法(減量)、マニピュレーション

鵞足炎

特徴

中高年でX脚の方に多く、膝関節がやや伸びた時に、膝の内側のお皿のやや下の部分が痛みます。ゴリゴリした感じや、腫れを伴う事もあります。

長距離ランナーなど、長時間膝の屈伸を繰り返すスポーツを行う人に起こりやすいのも特徴です。また、膝の痛みをかばう為に、二次的症状として発生する場合もあります。

当院での治療

アイシングハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療、テーピング(キネシオテープ)、高電位治療機器骨格調整マニピュレーション運動療法

変形性膝関節症(O・A)

特徴

多くの場合、膝の内側が痛み、特に階段を降りる時や立ち上がって最初の一歩二歩が特に痛みます。重症になる、正座が出来なくなります。

中高年の方に多い病気ですが、とりわけ女性に多く50歳以降になるにつれ患者様の数が増えていきます。注射や薬のみでは限界があり、リハビリによる筋力強化が大切です。

また、「幼年期に歩行するのが早すぎると変形性膝関節症になりやすい」という説が、最近学会で発表され話題になっています。

当院での治療

ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療、テーピング(キネシオテープ)、骨格調整高電位治療機器マニピュレーションマイクロ波治療器運動療法足底板療法、サポーター

外反母趾・内反小趾

特徴

外反母趾は足の親指の付け根が、内反小趾は小指の付け根が、でっぱり・痛み・腫れます。歩行できなくなる場合もあります。

ハイヒールなどを履く女性に多い疾患です。先の細いハイヒールなどを履くことで、足の指が亜脱臼し足底の横アーチが崩れる事が原因と考えられています。

当院での治療

ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療、テーピング(キネシオテープ)、骨格調整高電位治療機器マニピュレーション運動療法足底板療法、サポーター

扁平足(Flat Foot)による痛み

特徴

足底には大切な3つのアーチがあります。

歩行時などにアーチによって衝撃を吸収するのですが、扁平足の場合このアーチが消失して平らになってしまう為、衝撃を吸収できなく、脚の内くるぶし周りが痛くなる・足の裏が痛くなる・X脚になりやすくなる 等の障害が生じやすくなります。

当院での治療

ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療、テーピング(キネシオテープ)、骨格調整高電位治療機器マニピュレーション運動療法足底板療法

モートン病

特徴

中年以降の女性に多い疾患です。

歩いている時に、足に中指と薬指の間や、薬指と小指の間が痛んだりしびれがあり、ひどくなると指の間の神経が腫れて神経腫を作ります。

先の窮屈な靴や扁平足でアーチが崩れ、神経が指と指の間に入り込んでしまうのが原因です。

当院での治療

ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療、テーピング(キネシオテープ)、高電位治療機器骨格調整マイクロ波治療器運動療法足底板療法マニピュレーション

母趾種子骨障害

特徴

野球のピッチャーやランナーに多い疾患で、足の親指の付け根裏(特に内側)が痛みます。

足の親指の付け根には親指を曲げる筋肉の腱の中に種子骨という骨が2個あります。

この種子骨が繰り返される衝撃により親指の骨と接触し炎症を起こしている状態です。

当院での治療

ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療、テーピング(キネシオテープ)、高電位治療機器骨格調整マイクロ波治療器運動療法足底板療法マニピュレーション

足底筋腱膜炎

特徴

立ったり歩いたりすることが多い中年の方に多い疾患で、足のかかとの骨のやや内側に鋭い痛みが生じます。朝の第一歩が最も痛い方と立ったり歩いたりする時間が長くなると痛む方がいます。原因としては、筋肉の疲労によるものと考えられています。

また、剣道の打ち込みの様な動作を繰り返しすると、打撲の様な状態になり痛みを生じる場合があります。

当院での治療

ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療、テーピング(キネシオテープ)、高電位治療機器骨格調整運動療法足底板療法マニピュレーション

肩・首・頭痛・アゴの痛み

寝違え

特徴

寝起きや長時間ある方向に首を傾けた後に、首が痛くて回せなくなる症状です。

痛みだけではなく、しびれを伴う場合もあります。これは長時間、不自然に首を回した状態で固定されていた為に起こる筋肉の異常収縮によっておこるものです。

当院での治療

アイシングハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療、テーピング(キネシオテープ)、高電位治療機器骨格調整運動療法マニピュレーション

頚肩腕症候群(変形性頚椎症/頚椎椎間板ヘルニア)

特徴

1日中同じ姿勢でパソコンに向かっている方などに多い疾患です。首から肩に痛みやしびれがあり、異常感覚を伴う場合もあります。

最初はなんとなく手や腕の感覚がおかしいけど動かせるといった症状ですが、進行すると手や腕を動かそうと思っても動かせない、更には手や指がカギ形に曲がってしまうという様な運動障害・筋力障害を伴う場合もあります。

一般的にこの疾患は、20代~40代は「頚椎椎間板ヘルニア」・50代以上は「変形性頚椎症」と診断されやすいです。

当院での治療

ハイブリッド電気刺激治療器、ホットパック、レーザー治療高電位治療機器骨格調整テーピング(キネシオテープ)、運動療法マニピュレーション

緊張性頭痛/頚部のコリ

特徴

一言でいうと首のコリの事で、パソコンに向かって長時間仕事をしている様な人に非常に多い症状です。ひどくなると、頭痛や吐き気を伴う場合もあります。

但し、頭痛は①緊張性頭痛②血管性頭痛③脳腫瘍・脳梗塞など重傷疾患の前兆など、単なる頭痛から命にかかわる物までありますので、注意が必要です。

当院での治療

ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療、テーピング(キネシオテープ)、骨格調整高電位治療機器運動療法マニピュレーション、ホットパック

ムチ打ち

特徴

交通事故などにより急激な衝撃により、椎間関節包の損傷・靭帯の損傷・筋肉の牽引痛・事故の瞬間身構える為の急な筋肉痛などにより、首の痛み・頚肩腕のしびれや異常感覚・頭重感・頭痛・肩こり・全身の怠惰感・めまい・吐き気が起こります。

事故後3週間経過して痛くなることも多いです。

当院での治療

アイシング、頚椎カラー、ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療高電位治療機器テーピング(キネシオテープ)、骨格調整運動療法マニピュレーション

四十肩・五十肩

特徴

名前の通り40~50代の中年以降の方に多く発症する疾患で、肩が痛い・腕が上がらないといった症状です。

更に、背中や肘まで痛む方もいます。痛みの為に、頭の後ろや背中に手がまわせなくなり、重度になると夜間痛や腕を切り離したくなるくらいの激痛に襲われます。ただし、臨床的には30代~100歳までの方に表れている疾患です。

多くは3ヶ月、短ければ2日、長くても1~2年、中には数年と個人差はありますが、必ず良くなります。しかし、自然治癒を待つより治療を行った方が痛みが軽減され、早く回復する事が出来ます。

当院での治療

ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療、テーピング(キネシオテープ)、骨格調整高電位治療機器マイクロ波治療器運動療法マニピュレーション

胸郭出口症候群

特徴

20代~30代のやせ形でなで肩の女性によく見られ、肩や腕などが痛む疾患です。

痛みだけでなく、怠い・しびれる・手足がむくむ・冷えるといった血液循環の障害を伴った症状が現れます。

原因は鎖骨の下を通っている首から手の方に伸びる動脈や神経が、鎖骨周囲の筋肉の問題で圧迫されて血液循環不良をおこしてしまう事によります。

当院での治療

ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療、ホットパック、高電位治療機器骨格調整運動療法マニピュレーション

一般的な肩こり

特徴

日本人には非常に多い症状で、肩の筋肉が張って硬くなっており、肩の重苦しさを訴えます。現代医学では「肩の筋肉が緊張する事で、血液循環が悪くなり、乳酸などの老廃物が筋肉の中に溜まる為に起こる」と説明されています。

遺伝による個人差はありますが、筋肉の質によっては完治も可能です。

当院での治療

ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療、テーピング(キネシオテープ)、骨格調整高電位治療機器運動療法マニピュレーション、ホットパック

三角筋の炎症

特徴

美容師さんの様に肘を上げている作業が多い方によく現れる疾患です。

腕は体重60キロの人で片方約6キロあると言われています。その上、腕を上げる事で、物理学的にその約4倍の重量がかかります。

つまり、腕を上げる作業は腕・肩にとって非常に重労働で、三角筋という筋肉に負荷がかかり炎症を起こしやすく、痛みを発症します。

当院での治療

アイシングハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療、テーピング(キネシオテープ)、高電位治療機器骨格調整運動療法マニピュレーション

顎関節の痛み・原因不明の歯痛

特徴

顎の痛みや歯の痛みは脳に近い為、敏感で少しの痛みでも気になります。

虫歯でも歯槽膿漏でもなく、歯が痛む・顎が痛む場合、顎のかみ合わせを治すと痛みがなくなるケースが多くみられます。さらに、歯のかみ合わせの異常が、全身の様々な症状の原因になるという説が話題になっています。

これは、歯のかみ合わせの異常が顎関節の痛みに広がり、更に頚椎(首の骨)に移って、その結果、全身の様々な異常を引き起こすと考えられています。

当院での治療

ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療高電位治療機器骨格調整運動療法マニピュレーション

腕の痛み

肘部管症候群

特徴

肘の関節を曲げたままで仕事をする人や、大工など振動工具を長年使っている人に多く現れる症状で、肘から小指と薬指にかけてしびれ、感覚が何か変だという様な知覚障害があります。また、字が書きにくい、キーボードを使いにくい、物を落とすといった様な運動障害を伴う事もあります。

ひどくなると、手のひらの小指側の筋肉が落ち、手のひらに溝が出来てしまいます。さらに進行すると、指先がかぎ型に曲がってしまい、特に小指と薬指が伸びなくなってしまう事もあります。

当院での治療

ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療、テーピング(キネシオテープ)、骨格調整高電位治療機器マイクロ波治療器運動療法マニピュレーション

肘内障

特徴

2・3歳くらいから、小学校高学年までの子供に起こる疾患で、「子供の腕を引っ張ったら、腕が抜けてしまった」と言われるものです。

負傷すると、腕がブラブラして腕が上げられなく、触るととても痛がります。これは、小さな子供によく起こる独特の脱臼です。正確には、脱臼というよりも外れかかった状態といった方が良いかもしれません。

反復性のあるものなので治療も大切ですが、お子さんがボーッとしている時にいきなり手を引っ張らない様にして、一声かけてから引っ張る様にしてください。

当院での治療

ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療、テーピング(キネシオテープ)、骨格調整高電位治療機器マイクロ波治療器運動療法マニピュレーション

へバーデン結節

特徴

中年以上の女性にしか起こらない、加齢に伴ってみられる変形性関節症の一つです。

手の指の第一関節が腫れ・痛み・爪が変形しいき、変形が進むと突き指か骨折でもしたかのように曲がってしまいます。個人差はありますが、数年のうちに変形は止まり変形してしまえば痛みは楽になります。第一関節以外に広がるようなことはなく、もし第2関節まで痛む場合は関節リウマチが疑われます。

当院での治療

ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療、テーピング(キネシオテープ)、高電位治療機器骨格調整マイクロ波治療器運動療法マニピュレーション

バネ指・弾発指

特徴

手をよく使う中年以上の女性の親指・中指・薬指に発症する事が多く、指を伸ばすと戻らなくなったり、伸ばしてしまうと曲げられなくなったりする疾患です。

別名、弾発指・スナッピングフィンガー・狭窄性腱鞘炎・肥厚性腱鞘炎とも呼ばれています。原因は、指の使いすぎだといわれています。

当院での治療

ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療、テーピング(キネシオテープ)、骨格調整高電位治療機器マイクロ波治療器運動療法マニピュレーション

ドゥ・ケルバン病

特徴

20代~50代の女性の妊娠時・産後・更年期、美容師など手をよく使う方に多い手首の親指側の腱鞘炎です。

発症すると、痛みの為にタオルを絞るような動作がつらくなります。手首の親指側にあるトンネル状の腱鞘の中にある腱の動きが、使いすぎによりスムーズでなくなり炎症が起こって痛みや腫れを生じます。

腱鞘炎の中でもこの症状が多い為、特別に名前までついています。

当院での治療

ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療、テーピング(キネシオテープ)、骨格調整高電位治療機器マイクロ波治療器運動療法マニピュレーション

手根管症候群

特徴

親指から中指と手に平に、焼けるような激しい痛みとしびれが生じ、感覚が低下してしまいます。手首のしわの部分を叩くと痛みが指先に放散したり、夜間痛みの為に目が覚めるといった症状がでて、手を振ると痛みが軽減します。

進行すると、母指の付け根の筋肉が痩せ、親指を小指に近づけにくくなります。手をよく使う50代の女性に多く、手首の関節にある管の中を通る神経を、筋肉の腱が太くなることにより圧迫する事で症状が現れます。

当院での治療

ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療、テーピング(キネシオテープ)、骨格調整高電位治療機器マイクロ波治療器運動療法マニピュレーション

尺骨管症候群(ギヨン管症候群)

特徴

大工さんなど、強く握りしめる事の多い仕事を行う男性に多く、手の薬指と小指と手のひらがしびれ・痛み・感覚が薄れていきます。

進行すると、手や肘に痛みを伴ったり、小指側の筋肉が痩せ、厚みの薄い平べったい手になり、細かい手・指の動作がしにくくなり、握力が落ちてしまいます。頻繁に繰り返される外傷、脂肪腫、ガングリオンにより神経を圧迫する事が原因で症状が現れるといわれています。

当院での治療

ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療テーピング(キネシオテープ)、高電位治療機器骨格調整マイクロ波治療器運動療法マニピュレーション

背部痛

側弯症

特徴

特発性側弯症は10台の女性に発見される事が多く、背骨が何らかの理由で曲がってしまう物ですが、原因は今も不明です。

遺伝で発症するという説もあります。手術や装具などで曲がりを矯正するという方法がありますが、多少のゆがみは当然と考えられています。

当院での治療

ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療、テーピング(キネシオテープ)、骨格調整高電位治療機器マイクロ波治療器運動療法マニピュレーション、コルセット

背筋痛

特徴

長時間のデスクワークを行う方やスポーツ選手に現れる症状で、局所的または全体的に背中が痛みます。ずっと前かがみになっている為、主に背中の筋肉が疲れ、元に戻ろうと縮んだ際に引っ張られた筋肉の端が傷むと考えられています。

但し、場合によっては内臓の痛みにより背中が痛むことがあります。特に膵臓・胆嚢・腎臓などに病気がある場合も痛みやすいので、注意が必要です。

当院での治療

ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療、テーピング(キネシオテープ)、骨格調整高電位治療機器マイクロ波治療器運動療法マニピュレーション

帯状疱疹(ヘルペス)

特徴

水ぼうそうと同じウイルスが原因でおき、胸・わき腹・背中に神経の沿った激しい痛みが走り、4・5日後に赤い発疹となり、14日前後にあずき大の水ぶくれが帯状に、出現します。

若い人は早期に治療を受ければ2~3週間で治りますが、年齢が高くなると治療後も神経痛が残る事があります。

これは、疲労が続いたり病気の経過中など、免疫力が低下した時に現れやすいのが特徴です。少しでも神経痛の様な痛みがあり発疹がでたら、すぐに診療を受けてください。

当院での治療

レーザー治療

内臓疾患

内臓疾患

「内臓疾患」=「内臓の病気」ですから、重い物も、軽い物もあります。たとえば、ちょっと胃がもたれる程度の胃炎も内臓疾患ですし、末期の胃がんも内臓疾患と言えます。当院では、内臓の病気の可能性がある方に関しては、専門の病院へお送りいたします。

内臓疾患に関しては当院では治療できませんが、内臓の機能が疲れる事によって体表に症状が現れる場合がたまにあります。この場合は内臓の機能を改善させる為、筋肉に対する内臓反射治療でよくなります。

成長痛・スポーツ障害

上腕二頭筋長頭腱炎

特徴

力こぶを作る筋肉の上部の炎症で、肩の前面を押すと痛みが走ります。

テニスの様にラケットを使うスポーツや、野球や砲丸投げの様に投げるスポーツをする方によく見られる症状です。

上腕二頭筋は長い筋肉と短い筋肉でできており、長い方の筋肉の腱が骨の溝と靭帯で作るトンネルの中を上下に動くときに摩擦をおこし、この摩擦が長時間続くことで、腱とトンネルの間に炎症が起きる事が原因です。

当院での治療

RICE法(※参照)、ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療、テーピング(キネシオテープ)、高電位治療機器骨格調整マイクロ波治療器運動療法マニピュレーション

インピンジメント症候群(腱板損傷)

特徴

野球・水泳・テニスなど、腕をオーバーハンドで使う競技をする方によく起こり、腕を横に上げていくと60度~120度の範囲で痛みが現れます。

腕を使うという動作は2つの筋肉(棘上筋・三角筋)で行われ、その2つの筋肉が使いすぎによりバランスを崩すことで肩甲骨と上腕骨という骨がぶつかり炎症が起こることが原因です。

当院での治療

RICE法(※参照)、ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療、テーピング(キネシオテープ)、高電位治療機器骨格調整マイクロ波治療器運動療法マニピュレーション

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)

特徴

テニスのバックハンドの動作や、中年以降の女性でパソコンのマウスの操作や手作業の機械を使うなど、手首を使いすぎる動作の多い方によく見られ、肘の外側が痛みます。

特に、タオルを握る・ガス栓や水道やドアノブを捻る様な動作で痛みが強くなります。

腫れがないので外観は判断できませんが、炎症が解消されないまま放置していると、安静時であっても肘や肩が痛くなり、酷い場合は首まで痛みます。

原因は、手首を反らす筋肉と手のひらを下から上にまわす筋肉の使いすぎにより、炎症が起きる為です。

当院での治療

RICE法(※参照)、ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療、テーピング(キネシオテープ)、高電位治療機器骨格調整マイクロ波治療器運動療法マニピュレーション

上腕骨内側上顆炎

特徴

荷物を持つ方や、野球やゴルフをする方、または中年以降の女性に多く、肘の内側が痛みます。一流テニス選手が正しいテクニックを使っているにもかかわらず、起こすこともあります。原因は、手首を曲げる筋肉や手首を小指側に捻る筋肉の使いすぎにより、炎症が起きる為です。重症になるとプロ野球のピッチャーの様に手術が必要になる事もあります。

当院での治療

RICE法(※参照)、ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療高電位治療機器、テーピング(キネシオテープ)、骨格調整マイクロ波治療器運動療法マニピュレーション

オスグッド病

特徴

小・中学生に多く、成長期の膝のスポーツ障害で最も多い疾患のひとつです。膝の皿の下にある出っ張った骨が痛み、ボコッと腫れてきます。

これを放置しておくと、脛骨を骨折してしまうこともあり、そうなると手術しか手立てがなくなり、学生時代はスポーツをあきらめなければならないこともあるので、早期発見・早期治療が重要です。

特にサッカーやバスケット、バレーボール、野球などジャンプやランニングを伴い、膝に圧力をかける動作の多い競技の方に、この症状は起こりやすいです。

当院での治療

RICE法(※参照)、ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療高電位治療機器、テーピング(キネシオテープ)、骨格調整、大腿四頭筋のストレッチ、運動療法マニピュレーション

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)

特徴

バスケットボールやハンドボール競技、バレーボールのように、ジャンプ・着地・ダッシュ・ストップを伴う激しいスポーツに多い疾患です。

特にジャンプを多くするスポーツ選手に非常に多発する障害であるため、「ジャンパーニ―(膝)」と呼ばれています。膝蓋靭帯炎は、小・中学生よりも、骨の成長が一段落する高校生や大学生に多く見られます。

これは成長期にある小・中学生の膝には成長軟骨があり、靭帯が疲労する前によりデリケートな成長軟骨がダメージをうけるため、先にオスグット病になってしまうためです。

当院での治療

RICE法(※参照)、テーピング(キネシオテープ)、包帯固定、高電位治療機器ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療骨格調整、大腿四頭筋のストレッチ、包帯固定、マイクロ波治療器運動療法マニピュレーション

前十字・後十字・内側側副・外側側副 靭帯損傷

特徴

交通事故やスポーツなどで、前や後ろから強い衝撃を受け膝が痛む場合は、損傷している可能性があります。

更に、前十字靭帯・内側半月板・内側側副靭帯は同時に3か所損傷する事が多く、損傷している場合は歩行時に非常に不安定感を感じ、内出血が起こり腫れを生じます。

足部が固定された状態での激しい回旋力によって、前十字靭帯を損傷する事が多いと言われています。主に、サッカー・バスケットボール・ハンドボール・ラクロスに多いです(特に前十字靭帯損傷)。

 

当院での治療

RICE法(※参照)、テーピング(キネシオテープ)、包帯固定、高電位治療機器ハイブリッド電気刺激治療器レーザー治療骨格調整マイクロ波治療器運動療法マニピュレーション、十字靭帯損傷用サポーター

※ただし、後十字靭帯の損傷の場合、手術を行わない保存療法でも治療が可能ですが、前十字靭帯の損傷の場合、特殊な靭帯なので、保存療法は非常に困難であるため再建手術を行う必要がある為、整形外科をご紹介します。

内側・外側半月板損傷

特徴

野球のキャッチャーが盗塁を防ごうと、膝を深く曲げた状態で膝をひねるような動作をした時に、膝の左右にある半月板というクッションが損傷し、症状が起こります。

また、バレーボールやバスケットボールでジャンプや着地時に急な方向転換をした時に、膝を捻って損傷してしまうこともあります。

更に狭い場所で小回りよく動くコックさんのような仕事の方にも多い疾患です。症状が進んでしまうと、関節が激痛で動かなくなってしまうロッキング現象が起こる事もあります。

当院での治療

RICE法(※参照)、ホワイトテープ固定、包帯固定、半月板損傷用サポーター、レーザー治療、テーピング(キネシオテープ)、高電位治療機器骨格調整マイクロ波治療器運動療法マニピュレーション

※手術をしなければならない事もある為、整形外科をご紹介します。

滑膜ヒダ障害(タナ障害)

特徴

12歳から20歳の女子に多く、スポーツをする時などにお皿の内側が痛くなり、ヒザを曲げると痛みが増します。屈伸運動をすると膝のお皿と太ももの骨の間に何かが挟まる感じでクツクツという音が聞こえる場合もあります。

タナとは膝の関節を包む袋のことを言い、ほとんどの方にあるもので異常はありませんが、体質的に分厚かったり大きいと、関節を打ったり筋肉疲労をきっかけに炎症を起こし痛みを発症します。

当院での治療

RICE法(※参照)、レーザー治療、テーピング(キネシオテープ)、骨格調整高電位治療機器マイクロ波治療器運動療法マニピュレーション

※ただし、膝のお皿とふとももの間に滑膜がタナ状にせり出過ぎている場合は、整形外科での局所麻酔・関節鏡でタナを切除する為、整形外科をご紹介します。

アキレス腱炎

特徴

長く走ったりする事で、徐々にアキレス腱に負担がかかって、痛みと腫れが生じます。

アキレス腱はかかとの後ろにくっついており、血行が悪く細くなっているので炎症が起こりやすいです。

また、運動をしない方でも、女性には、先天的にかかとの骨が後ろに突き出している人が多く、ひざ裏からかかとまでの距離が長くなってしまう為、アキレス腱が伸ばされ、炎症を起こす人がいます。ストレッチが大切になります。

当院での治療

RICE法(※参照)

⇒鎮痛効果のある薬で筋肉を緩める、キネシオテープ、ホワイトテープによる固定、包帯固定、足底板療法(踵へのインソールを入れる)

アキレス腱断裂

特徴

テニスなど、急激にダッシュや方向転換をするスポーツをする方で、十分にウォーミングアップをしてなかった方が、思いっきりアキレス腱を伸ばすと起こります。

断裂した瞬間「ブチッと言って切れた。後ろから蹴られた感じがした」と感じます。完全断裂の場合は手術が必要です。

当院での治療

RICE法(※参照)

⇒鎮痛効果のある薬で筋肉を緩める、キネシオテープ、ホワイトテープによる固定、足底板療法(踵へのインソールを入れる)

※ただし、完全断裂の場合は、整形外科での手術が主流です。部分断裂の場合は手術を行わない保存療法でも治療が可能です。

コンパートメント症候群

特徴

膝から下の前部が腫れて痛みます。安静時は痛みがないのですが、運動すると痛みが出るのが特徴です。コンパートメントとは筋肉の周りに作られる閉鎖空間の事を言い、コンパートメントの内圧が高まり筋群や神経を圧迫放してしまうことで強い痛みと腫れがでて、神経の真人筋力低下を起こします。

放置していると、足部を反らせると痛みが生じるようになり、足の甲から第1指・第2指の間にしびれを感じるようになった際はスポーツ活動を続行するのが難しくなります。

当院での治療

RICE法(※参照)

⇒鎮痛効果のある薬で筋肉を緩める、キネシオテープ、ホワイトテープ、包帯固定

※ただし悪化してしまった場合は、神経を圧迫してしまうので、前脛骨筋という筋肉に沿って筋膜を切り開く手術をする為、整形外科をご紹介します。

シンスプリント

特徴

陸上の長距離選手やジャンプを行うスポーツ選手に多く、すねの骨の内側、中央よりやや下3分の1の部分が痛みます。

Ⅹ脚や扁平足の方に多く、走ったりジャンプをして着地するたびにヒラメ筋がついている骨の骨膜が引っ張られ、限界を超えると骨膜に炎症を起こして痛め始めます。腫れや熱はありませんが、指で押すととても痛みます。

当院での治療

RICE法(※参照)

⇒鎮痛効果のある薬で筋肉を緩める、キネシオテープ、包帯固定、足底板療法(縦アーチの為に)、骨格調整

セーバー病

特徴

10歳前後の男の子に多く、中学生になる位まで足のかかとの後ろの部分が軟骨でできている為、ジャンプの着地時の衝撃が過度に伝わったり、アキレス腱が強く引っ張られ、軟骨部にヒビが入ったり、炎症が起こってしまい、アキレス腱が痛みます。

軟骨部は大人になるにつれて固化していく為、小・中学生がスポーツする際にのみ気を付けてほしい疾患です。

当院での治療

RICE法(※参照)

⇒鎮痛効果のある薬で筋肉を緩める、キネシオテープ、ホワイトテープによる固定、骨格調整足底板療法(踵へのインソール、縦アーチの為に)

外脛骨障害

特徴

成長期に多いスポーツ障害の1つです。小学校高学年から中学生にかけての思春期に多くみられます。特に10代にスポーツなどで足に無理な負担をかけたり、その部分に外傷が加わると痛みが出てきます。

また、骨の成長が止まる15歳から17歳代になれば、症状が出現しなくなります。

当院での治療

RICE法(※参照)

⇒鎮痛効果のある薬で筋肉を緩める、キネシオテープ、ホワイトテープによる固定、足底板療法(縦アーチの為に)

診療(受付)時間

  • 営業時間
  • 【多摩本院・八王子院】
    ◆平日

    午前 9:00-13:00

    午後 15:00-19:00

    ◆土曜日 

    午前 9:00-13:00

    午後 15:00-18:00

    【横浜院】
    ◆平日

    午前 9:30-12:30

    午後 15:00-20:00

    ◆土曜日 

    午前 9:30-12:30

    午後 15:00-18:00

  • 定休日
  • 日曜日・祝日・当院指定日

  • 駐車場
  • 駐車場完備 

    【多摩本院】

    整骨院裏口(5番)と貝取商店街の東側駐車場(お客様専用駐車場)になります

    【八王子院】

    整骨院裏の駐車場をご利用ください

    【横浜院】

    タイムズ提携院の為、お近くのタイムズをご利用ください。
    ※タイムズ以外の駐車場は、割引きがききませんのでご了承下さい。
    ※ご不明な点はお問い合わせください。

たま整骨院(多摩本院)

住所:

東京都多摩市豊ヶ丘 4-2-5

豊ヶ丘商店街106号

TEL:042-319-6651

MAIL:tama-seikotuin@khaki.plala.or.jp


大きな地図で見る

 

たま整骨院(八王子院)

住所:

東京都八王子市館町1097

館ヶ丘商店街2-5-105号棟

TEL:042-673-3053

MAIL:tama-seikotsuin@io.ocn.ne.jp

 

たま整骨院(横浜院)

住所:

神奈川県横浜市都筑区仲町台1-28-18

サンビューノ仲町台1F

TEL:045-482-5431

MAIL:tamaseikotsuin-yk@vesta.ocn.ne.jp


大きな地図で見る

 

 

 

このページの先頭へ